ハンさんの半分

大したことは書かないブログ

どうなんだろうと思うこと

 

スーパーのレジに並んでいた時の話です。
何が起きたか簡潔にいうと、横入りをされたのです。僕の後ろにも待ってる人がいました。

なんだこの人って思いました。
自分が良ければそれで良いのか?なんて醜い人間なんだ。と思ったのです。
凄く腹がたちました。
文句の一つや二つ言えばいいのかもしれませんが、言い合いになってしまえば、僕にいいことはありません。
なので、何も言わなかったのです。

その人のレジが終わっても、僕は腹がたってました。
心の中じゃ、「このクソババア、厚化粧しやがって。気持ち悪いぞ?そんなに急がなきゃいけないのか?あ?テメーみたいのがいるから、争い事が起きるんだよ」って感じでした。

しかし、急に心の中で別の意見が湧いてきました。
「別に僕は急いでいる訳じゃないし、僕の後に並んでいたお客さんは別のレジで既に精算を終らせている。1人のババアの行動で、感情をこんなに動かされているのは僕が幼稚なのでは?ババアの行動は許されることではないが、これぐらいの事で怒っている自分を恥ずべきなのでは?醜い人間と思っている僕の方が………」

僕の精算が終わる頃にはこうなっていました。
他人を醜いと思う心が醜い。
というのが、僕の結論です。
どーすれば、醜いと思わないようになるのかは分からないけれども、一つ学ぶことは出来たはず。