ハンさんの半分

大したことは書かないブログ

お題なんていうものがあるんですね

今週のお題「受験」

先週の土日にセンター試験がありましたね

私は4年前に受けたわけですが、その年はゆとりが最後?か何かで、次の年からはセンター試験のシステムが少し変わるーなんていう年でした

 

せっかくなので、小学校受験から話しますか

幼稚園の頃から、塾に通ってました

塾というと堅苦しい感じですが、なんか遊んだり工作したりという楽しい感じのものです

 

家では、母親と受験勉強をしました

今でも覚えているのは、2つの紙飛行機の絵の違いを答える問題

いくつか答えたのに、まだあるでしょ!と言われ泣きながらやった記憶があります

何校か受けたようですが、第一志望の学校に無事に受かりました

この小学校に入ったのが、僕の人生の中でもかなり大きな分岐点だったように感じます

 

中学校受験の為に、とある塾に通ってました

一応1番上のクラスでずーっと授業を受けてました

僕はあまり受験するつもりはありませんでした

親も受験させるかについては、悩んでいたと思います

なぜ悩んでいたかというと、内部進学が出来る為、受験する必要がないからです

内部進学出来る学校もそこそこ良い中学校なので、受験については慎重だったのかもしれません

ただ、勉強するという環境に身を置かせるという点で塾に通っていたのかもしれません

この塾での思い出話を2つ程しましょう

1つ目が、小三の時のことです

テストがあるとクラスの上位者は名前が張り出されるのですが、算数が大好きだった僕は毎回算数は1位でした

国語は2位か3位

総合順位は1位か2位

なかなか1位を取れない国語で、ある日1位を取ることが出来たのです

とても嬉しかったのですが、算数が2位

悔しくて悔しくて夜家に帰ってから勉強した記憶があります

完全勝利したかったんでしょうね

 

2つ目が、小五の時です

塾をやめた理由です

小学校に電車通学だったのですが、そのせいもあってどうしても授業の時間に5分から10分遅れてしまう日があったのです

なので、家に帰ることもなく、母親が最寄り駅まで塾の荷物を持って来てくれて、塾に行っていたのですが、遅刻して入った教室でおばさん先生に「どこで遊んでたの?」と聞かれました

僕は「?」ってなりましたが、「遊んでないです」と答えました

そして、毎週のように「遊んでたの?」と言われるようになりました

とある日「ゲーセンなんかで遊んでるから遅刻するのよ」と言われ、周りの生徒も笑ってました

これには僕もカチンときました

その場では何も言わずやりすごして、家に帰ってから親に全て話しました

その後はすごかったです

親も相当怒ってました

親がわざわざ最寄駅まできて、荷物持ってきてくれて、どーしても間に合わないということが分かっていたわけですから、ゲーセンで遊んで遅刻なんてバカげたことを言っていると怒ってました

結果的にそのおばさん先生は解雇になりました

そのあと、自分の進路を内部進学と決めたので塾に通う必要がなくなりやめました

 

そして高校受験

この頃は僕も思春期ってやつで、荒れてました

勉強したくない、遊んでたい

それだけです

クラスは上だけど、やる気もないし、どーしようも無い状態

2年生のある日やる気が出たのです

好きだった女の先輩が行く高校が決まり、僕もその後について行きたいと思ったのがきっかけです

しかし、英語と暗記が嫌いな僕は英語社会理科は勉強しませんでした

3年のある日、流石にやらなくちゃなぁっと思って1週間理科しかやらない週(スーパー理科ウィーク)、2週間社会しかやらない週(スーパー社会ウィーク)を実施したところ、偏差値がどちらも65付近まで急上昇

このあとは理社は余裕でした

だけど英語はね笑

仲良くなれなかったよね笑

でも、無事に行きたい高校に進むことが出来ました

まぁ、内部進学なんだけどね

 

次に大学受験

1年生の時に通っていた塾を辞めて正解でした

テストで上位を取れてしまった環境では確実に自分が伸びないことが分かっていたので、親にその事を話し、塾の変更を申し出ました

結果的に安い塾になったから良いとは思う笑

そこでは、良い先生達に恵まれました

大企業的な塾ではないけれど、とても良かった

高校入学時、英語の偏差値30代だった僕が、卒業前には50には行ってたんだから本当に良かった

ちなみに高校は化け物揃いな学校でした

センター試験の話に入ります

そこそこ良かったと思います

ただ、唯一勉強する気が起きなかった教科がひとつだけあります

 

倫理

 

これだけは、どーしてもやりたくない気持ちが強くて、ほぼノー勉です

点数が65点だったのは、本当に残念です

 

二次試験はまぁいけるでしょーって感じで受けて第一志望に受かってたので良かったです

 

受験というと、大学院の試験もありましたが、特別書くことない気がするのでやめておきます

 

勉強方法なんて、人それぞれだと思うしどんな方法で勉強してもいいと思います

ただ、言えることが1つはあるのかなと

どんな方法だったとしても、勉強した実際の時間が少ない人は受験では勝てないということ

 

偉そうですけど、これは間違いない真理なんじゃないかな

では失礼

 

 

1年の振り返り

お久しぶりです

普段は何かしらテーマを持って書いているつもりなのですが、なんとなく書きます

多分書いていくうちに、今年の総括のようなことになるのではと思います

まずはざっくりと月ごとに……

1月

初オフ会

スマホの買い替え(Xperia xz)

隣家とのいざこざ

2月

キャス本格活動

池袋のコラボショップオフ

3月

大阪京都旅行

コラボカフェオフ

4月

卒業研究内容確定

とある方との出会い

隣家の新宅

5月

2度目の教育実習開始

誕生日を迎え22歳に

6月

教育実習終了

7月

アイドルカフェオフ

8月

父形の祖母死去

9月

ジョジョの脱出ゲーム

研究の行き詰まり

10月

川越

母形の祖母死去

大学院試験

卒業研究中間発表

11月

大学院合格

祖母の四十九日

12月

美味しい焼肉

スマホ買い替え(iPhoneX)

 

家のことについては、あまり書いてません

でも、振り返るとこんなかんじだったかなと思います

 

今年はやっぱりオフ会に参加したということが大きかったように感じます

参加出来たことで、人との繋がりが増えたと思います

もちろん1度しか会ったことの無い方もいますが、会う機会が多くある方もおり、本当に良かったと思っています

あぁ、またあの人に会いたいなどと思うこともありますが、全ては台本通りのことなので、僕の台本にまた出会うという台本があることを願うばかりです

 

2月からはツイキャスを本格的にするようになり、ツイキャス繋がりで仲良くなった方も多いです

池袋コラボショップのオフ会も大阪京都旅行もツイキャス繋がりの方との思い出であります

本当に、楽しかったよ

 

4月になり、大学4年の生活がスタートしました

卒業研究や、今後の進路について、決定を下す時が来ていました

また、とある方との出会いも4月です

これについては、細かく書けませんが今でもお世話になってます

また、隣家といざこざがあり、我が家からは私も話し合いの場に参加しました

この時に祖母(母形)から、この土地は君が守るんだよと言われ、覚悟が生まれました

 

5月になり、そこそこ気温が上がってきた頃に2度目の教育実習です

これについては、ブログ書いているので読んで下さると嬉しいです

高熱を出してしんどかった実習でした

あと、22歳になりました

 

6月になって、教育実習がおわり、普段の生活へと徐々に戻って行きました

3週間分のプリントを先生方から集め、授業の遅れを取り戻すことに必死でした

 

7月末に試験があり、そのための勉強をしながら、研究進めてといった感じで日々が流れて行きました

 

8月にはサークルの友人から、合宿に誘われるがどうも気分では無かったので断り研究を進める

そして、父形の祖母の死去

99歳で亡くなりました

コチラについてもブログを書いているので読んで頂けると嬉しいです

 

9月には、初めての脱出ゲームに参加

そして、なんとテーマはジョジョ4部

東京ドームシティ丸ごと使った脱出ゲーム

楽しかったです

今年の1月頃からジョジョにどはまりして、マンガを必死に読んでいる最中です

ちなみに7部を読んでいる所です

ちょいと書かせて頂くと、4部の虹村億泰が好きです

あーゆうキャラ好きなんですよ

まぁ、脱出ゲームでは、出番皆無でしたけどね

 

そして、怒涛の10月です

川越で遊んだのはとても楽しかったので、良かったのですが、予想外の事が起きてしまいました

それが、母形の祖母死去です

あの日の事が忘れられないです

10月は何をしていても、その事が脳裏を掠めて何も手につかなかったです

細かいことは、これもブログ書いてます

細かく書いたのであんまり気持ちよくない内容かもしれないので、お気を付けてお読みください

大学院試験が迫っている中、葬儀の準備などを行いました

葬儀の準備も、全て僕は同行して、母親とおばさんと相談しながら決めてきました

大学院試験の勉強があまり手につかないまま、試験を受け、卒業研究の中間発表も雑なものになってしまいました

 

正直、我が家は今年良いことが無かったです

唯一良かったと言えるのは僕が大学院な合格したことです

12月は、これといって大きなことはないですが、美味しい焼肉屋さんに連れて行ってもらいました

あと、スマホの調子がおかしかったので、思い切ってiPhoneXにしました

 

12月はまだ終わってませんが、これ以上何も起きないことを願うばかりです

もし、何かが起きた時は台本だからと納得させるしかないのです

来年、僕に何が起きて、僕の身の回りの人に何が起きるかなんていうことは分かるわけは無いのですが、僕の周りの人だけでもいいので、悲しみや憎しみなどの負の感情とは掛け離れた生活をして欲しい

欲を言えば、幸せに溢れている1年になって欲しい

ついでに、僕も幸せになっていたらいいなって思います

 

書いている僕の気分が高くはないので、マイナスに偏った文章になってしまったような気がします

とにかく、読んで下さってありがとうございます

 

 

 

ひっぷほっぷってなんか怖そう

タイトルのように感じる人向けです

ひっぷほっぷは怖くないよ☆

何か書きたいが、書くことねぇ

とにかく曲を聞くしかだと思う

同じアーティストの曲はできるだけ減らしました

曲名/クルー(アーティスト名)

 

back again/RainyBlueBell×K's

STEP OUT/RainyBlueBell ☆

BADTRIP pt2/電波少女 ☆

COMPLEX REMIX  feat.jinmenusagi,NIHA-C/電波少女

A BONE/電波少女 Feat.jinmenusagi,NIHA-C☆

ALIVE/SOUL'd OUT ☆

basic stance feat.ill.bell,タイツォン/らっぷびと

オーディエンスを沸かす程度の能力/らっぷびと Featタイツォン

ココロオドル/nobodyknows+

Bomb A Head!V/m.c.A.T

オルタネート/バルトリン

Future is mine/ぴよぴよブラザーズ ☆

言の葉の庭/RamBear

Life goes on/肉林ライアン ☆

文通/Fake Type.

Kiss Me Baby!!/CHESTNUT ☆

かたつむりのうた/Escar5ot

WE ARE W.W.W 2017 StudioLama REMIX/StudioLama

WE ARE W.W.W 2017/WWW2017出演者

 

☆が付いているのは、HIPHOPってなんか怖そうって思ってる人でも大丈夫だと思います

どの曲も色んな意味でやばいんですけどね

気が向いたら、動画あるやつはまとめます

卒論とか

お久しぶりです

毎回お久しぶりって書いてますね

何書かないと落ちつかない気がする(2回目)

ということで、卒論について少し書こうかな

 

光ファイバーの研究をしているっていうのは、もしかしたら前に書いたことがあるかもしれません( ˙▿˙ )

1から作ってるのですが、試作品的なものが出来上がりました(●´ω`●)

ここから、さらに改良を重ねて行く予定になります


f:id:crane-demonstration:20171119215620j:image

分かりにくいですが、光ファイバーの断面に左からレーザーを当ててます


f:id:crane-demonstration:20171119215704j:image

写真の向きがイマイチ………

下から光が光ファイバーを通って来て、端が光ってますー

断面の写真を撮って構造がしっかりしてるか確認しますー‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/››‹‹\( ´ω`)/››

今回作った光ファイバーは構造がしっかりしてました(✌'ω'✌)

ここから、色々な工夫をしていくことになりますー

卒論に関しては以上です

 

少し短いので何か書きたい………
f:id:crane-demonstration:20171119220243j:image

これは、日高屋のモツ野菜ラーメンです

冬の季節になると期間限定で毎年出てるラーメン

日高屋なので、麺はまぁ………笑

でも、スープとモツが好き(*'ω' *)

 

あまり書くことなかったので、ここまでにしたいと思います笑

何か、こんなテーマで書いてほしいとかあれば、TwitterにリプでもDMでも良いので言ってくださると嬉しいです(DMの方が良いかもしれないですね)

面白く書けるか分からないですけど、お待ちしております

 

優しさとは

最近、何か書いていないと気持ちが落ち着かないことがあります

 

まず、1つ目はただの報告なんですが、10月に受けた大学院試験は受かってました!

非常に喜ばしいです!

落ちてたらニートになっちゃう所でしたからね(   ´∀`)ハハハ

 

今回、何について書くか悩んだんですが……

 

「優しい」

 

とは何かについて自分なりに考えてみました

 

と言っても、大学に入る前ぐらいから考えてることです

 

僕は優しい人間になりたいと思っています

何故か?

そもそも正しい人間でありたいと願っています

そして正しさを構成するものの一つがが優しさだと思ったからであります

性善説性悪説、どちらも一理ありますが僕は性善説を信じたいです

 

幼い頃から、母には人に優しくしなさいと言われてきました

幼稚園の頃であれば、僕は比較的体の大きい子どもであったので、絶対に人は殴らないようにと言われていました

なので、幼稚園で喧嘩になったとしても僕は殴られるのを我慢していました

 

小学校に入って以降、優しくしなさいという事は言われなくなりましたが、幼い頃に言われた事は頭に残っているものですね

 

誰にでも優しくしていました

その為、小4の時には、僕のことを好き(だったらしい)女の子を泣かせてしまう事件も起きてしまいました

 

人が嫌がる事はしないように

人が喜ぶ事をするように

 

そんな風に考えていました

しかし、大学に入る直前の春休み

友達から、優しすぎるよねーと言われました

優し「すぎる」とは?

そこから、何が優しいのか分からなくなってきてしまいました

 

例えば、友達に宿題のノートを見せてあげたら、これは優しいのだろうか

見せてもらった友達はそれで宿題が出せれば嬉しい訳だから、優しいということになるのだろうか

若しくは、その友達の学ぶ機会を奪ったから優しくないとなるのか

判断が難しい

宿題を見せてもらった友達を、周りの人間を楽しやがってというマイナスな気持ちにさせてしまったら、周りの人間にとっては優しくない?

正直、わからないです

 

いくらでも、このようなパターン、例え話は出せます

しかし、出したところではっきりした答えは得られないのです

 

古くからの友人に話した所

「優しさとは違うけど、人の話を聞ける人間は良い奴だと思う」

といわれました

確かにそうかもしれないです

この話を聞いて、とあることを思い出しました

僕を入れて3人で話している時のことです

会話は基本的に1対1で行うものです

3人いると1人は余るのです

話したいけど、話せない人が出てしまうと嫌な気持ちになるはず

だって、蚊帳の外になっちゃいますからね

なので、僕は基本的に会話の聞き手に回ります

友達2人で会話をして、それを僕が聞く

その形になります

これが良いのかはわからないけれども、そうする他思い浮かばなかったのです

 

結局の所、優しさが何かは分からず、どうしたらよいものなのか悩んでいました

何をしたら優しくて、何をしたら優しくないのか

どうすれば、優しい人間になれるのか

 

悩んで月日が経ち、大学1年生の正月が来ました

 

そこで、答えにたどり着けるかもしれない言葉を聞きました

最近亡くなった祖母が発した、言葉なのですが

 

「人に優しくしてもらえたらなら、自分が優しい人間だったってことだ」

 

そうか

そうなのか

疑問も浮かびましたが、自分が優しい人間であるか判断する方法の一つなのかもしれないと思いました

 

そして、これを聞いた時、僕の周りの人々を思い浮かべ、優しい人に溢れていた事にすごく感動しました

何か人の為に意識してやったことはありませんが、僕の周りの人はみんな優しかったです

 

 

まだまだ答えにはたどり着けませんが、日々考えております

 

優しいねって言われると

そうかな?って返す様にしてます

 

長すぎるとアレなんで辞めときますね笑

 

 

 

後輩彼女

お久しぶりです

いや、そんなお久しぶりではないですね

今日は、友達に話したところキュンキュンするーと言われた話を書きます

キュンキュンする保証は出来ませんけど

 

どんな話かと言いますとタイトルの通り、後輩彼女(まぁ、年下の彼女)の話です

いやー、いつの彼女かと言うと僕が中3の時の彼女です

相手は中1の女の子です

知り合ったの4月です

僕は陸上競技部の部長だったのでしたが、彼女は陸上競技部に入ってきました

ただ、その時はそんな関係ではありませんでした

 

いつからそんな関係になったかというと、きっかけは球技大会です

僕の中学では、運動会はありません

その代わりに縦割りで球技大会があるのです

3年生がメンバーを選びチームを作ることになっています

僕は、どうせなら楽しくやりたかったので、陸上競技部で一緒だった後輩達を選びました

その中の1人にその子がいたのです

ちなみに、僕の選んだ球技はソフトバレーボールです

 

球技大会やるからには負けたくないので、体育の時間を使った練習では結構厳しく指導してました

しかし、その子は球技が得意ではなく本番が来ることが不安だったようです

球技上手く出来る奴は、声なんてかけなくてもなんとでもなると思ったので、僕はその子に声をたくさんかけて、練習を一緒にしました

僕の学校では、球技大会が近付くと昼休みにも、練習(遊びに近いけど)をしていました

球技大会が終ったあとも、その球技で遊んでる人はたくさんいましたけど(僕もその1人)

練習を重ね、練習試合でもどのチームにも負けない強いチームになって、本番もそのまま圧倒的な勝利で優勝をしました

 

ここまで、話が長くなりましたが、この球技大会を通して、その子と仲良くなり、メアドを女友達を通じて交換しました

 

そこからは毎日メールをしてました

なぜか互いにパソコンでメールのやり取りをしてました

趣味も共通のものが多かったのもあり、話が盛り上がりました

ただ、僕はその時はその子をただの後輩としか思っていませんでした

夜はメールして、学校では昼休みに一緒にバレーで遊ぶぐらいの感覚

しかし、事態は急変しました

とある日のメールでのやり取りでした

普通に趣味の話をしていたのですが、メールをスクロール出来るのです

スクロールしたそこには

 

好き好き好き

 

という文字

 

ここで、普通の人ならどう思うんでしょうか

告白って受け取るんですかね?

僕は少しビックリしましたが、冷静になろうとその文字列を無視してしまいました

次の日も昼休み一緒にバレーで遊んだし、夜はメールをしました

 

しかし、僕の頭の中では、あのメールが頭から離れなかったのです

気になってしまい、聞いてしまいました

 

あのメールって告白だったのかな?

 

って聞きました

なんというか僕はダメなやつだなーと今さらながら思いますが笑

返事は

 

告白のつもりでした

 

と返ってきました

その日から僕とその子は彼氏彼女になりました

 

中3の僕と中1の後輩彼女

 

僕の学校は地区の学校ではないので、色々な所から生徒が来ているため、デートはいつも下校時でした

しちゃいけないけど、たい焼きを買って二人で分けて食べてみたり、手つなぎながら歩いて帰りました

あと、彼女だけには先輩呼びを許しました

僕は先輩と呼ばれるのが非常に嫌だったのです

部活の後輩(実は後輩呼びも好きじゃない)には、部長と呼ばせてました

付き合っていたことは誰にも言っていなかったので、部活の時は部長呼びをしてましたが、二人っきりの時は○○先輩って呼ばれてました

 

自慢じゃないですけど、結構綺麗な女の子でした

付き合うまでは、顔とか気にしてなかったのですが、付き合ったあと階段ですれ違って横顔を見た時にその横顔に惚れました

横顔が綺麗な人に惚れがちな僕なんです

 

今さらながら、分かれたのもったいなかったなぁ(何様)

今も元気で過ごしていたらいいなぁ

 

キュンキュンする要素あるか分からないけど、後輩彼女の話でした

 

 

 

 

 

 

僕なりの考え

お久しぶりです

いつの間にか10月が終わりますね、怒涛の10月だった………

10月は嫌なことや、しんどい事が多かったです

何か嫌なこととか、だるいことがあった時、皆さんはどうしてるんでしょうか?

 

僕はしんどさとかによって、色々心持ちを変えたりしてます

例えば、その場限りで事が済んでしまうが、今後起きることがめんどくさいとか、しんどいとか思った時には

「どうにかなるだろ」

って気持ちでなんとかしてます

なるようにしかならないと思いますし、ひとまず最善を尽くし、ダメでもそれはそれでなんとかなると思ってます

 

そして、次に結構しんどい時

本当に嫌なことがあって、どうしてもその事を考えてしまう時についてです

これは宗教?哲学?的な発想なのかもしれないですが

「台本通りだったのだ」

と考えるようにしてます

台本通りと思うことで、どんなに辛いことでもしょうがなかったことだとある程度気持ちを軽減出来るのです

もちろんこの言葉だけで100%気持ちが晴れるわけではないです

辛い気持ちが軽減されます

でも、大体この言葉について話すとこんなこという人がいます

「じゃあ、何もしなくても結果変わらないんじゃない?例えば勉強をたくさんしてもしなくてもテストの結果とか変わらないんじゃない?」

違うのです

まず、勉強をたくさんしたというのも台本通りであるし、その後のテストの結果も台本通りなのです

勉強全くしなかったというのも台本通りであり、その後のテストの結果も台本通りなのです

しかし、このふたつのテストの結果が一緒だとは一言も僕は言ってないです

一緒かもしれないですし、一緒じゃないかもしれない

結果が先にあるということはないのです

前後に因果関係があるのは当たり前

 

こんなこと言う人もいます

「絶対台本通りにはならない」

その言葉を発した時点で、それも台本通り

道に落ちてる石を見つけて、蹴ろうと思ったが、この言葉を思い出して、蹴らないと決意してもそれも台本通りなんです

 

 

「良いことの喜びがなくならない?」

それは、ないです

さっきも書きましたが、先に結果がある訳では無いのです

前後には因果関係があるのです

努力して試験に受かった→嬉しい   は

(台本通りに)努力して(台本通りに)試験に受かった→嬉しい

となるだけ

努力したんだから、喜びが無くなる訳ない

もし、喜びが減ったり無くなったりしたら、それはそもそも努力してないんだと思います

 

腐れ儒者のように言葉を垂れるのはあまり好きではないですが、こんなことを考えて日々の辛いことをやりすごしています

 

台本通りにこのブログを読んで頂きありがとうございます

ちょっとイラッとしても、それも台本通り

 

 

追加(2017/11/10)

台本通りと運命は違います

運命は何をしてもそうなってしまうというニュアンスが強いと思います

台本通りは因果関係が必ずある事なのです

 

追加(2017/12/25)

 台本通りという言葉で、あなたの辛さが軽減されないのであれば、僕からあなたに教えられることはありません

ただ、話は聞くことは出来ます

相槌も打てますし、そこそこ空気を読んで辛かったね、頑張ったねなどと言葉もかけられます

一人でどうにも出来ないことは必ずあります

本当に無理と思ったら、周りの人に助けを求めましょう

信頼に値する人間では無いかもしれませんが、僕はいつでも話は聞きますよ